催眠アプリ「催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳」

2021/12/20 00:00 DMMより配信開始

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳

おすすめピックアップ

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳

 

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳1

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳2

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳3

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳4

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳5

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳6

催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳 作品紹介

memo

夫と死別して10年目の伊織の母、高梨桜佳。
仕事に追われながら大切に育てた娘が、最近になって色気が出てきたことに気づく。
彼氏でもできたのかと勘繰るが、伊織は否定。

ある日、仕事が早くに終わり家に帰ると、伊織と主人公のセックスを目撃してしまう。
そのあまりに濃密な情事に身体が疼いてしまいながらも、桜佳は事が終わった後に主人公を叱責する。

眠る伊織を他所に、リビングで説教をされる主人公。
桜佳は主人公を伊織の彼氏だと思っているようだが、このまま伊織が目を覚まして問い詰められれば、自分がしてきたことが全てバレてしまう。
主人公は伊織とのセックスを忘れてもらうために、桜佳に催眠アプリを使用する。
だが――

(やばい、やばいやばいやばい! この女、催眠アプリが効かない!)

どういうわけか桜佳には催眠が通用せず、焦る主人公。
認識操作、記憶操作、全て効かない。
伊織を起こしに行こうとする桜佳に焦った主人公は、最後に性欲上昇のボタンを連打する。

その時、桜佳が身体をふらつかせ、その場で愛液を垂れ流し始める。
焦り誤魔化そうとする桜佳に、主人公はさらに性欲上昇ボタンを連打する。
その場で絶頂してしまった桜佳を笑いながら、主人公は彼女を脅す手段として肉体関係を迫る。
性欲を耐え難いほど高められ、10年以上男と関係を持ってこなかった桜佳は、いきり立つ主人公のモノを前にして……。

「伊織には言わないと、約束……できますか?」

桜佳はもてあましてきた熟れた身体で、ただただ主人公を求める雌と化す。

■ページ数
51ページ

タイトル 催●カノジョ 彼女の母 高梨桜佳
サークル名 ショコラテ
サークル設定価格 990円
ファイル容量 84.97MB